新しく自作したパソコンと旧パソコンをCinebenchで比較!(i5 10400F、i7 3770)

新しく自作したパソコンと旧パソコンをCinebenchで比較!こんな感じになりました!(i5 10400F、i7 3770)

 

第11世代のCPUが発売されて新しくなくなった第10世代CPUのベンチマークになります。

 

Cinebenchの結果だけですが載せておきます。

私のパソコン環境での結果なので、他の方のベンチマーク結果とは違うと思います。

 

【旧パソコン】

CPU:Core i7  3770
メモリ:CFD  W3U1600HQ-8G×2
マザーボード:ASRock  Z77 Pro4-M
SSD: Apacer AS340 PANTHER SATA III SSD 480GB
グラフィックボード:MSI GeForce GTX 1050 Ti 4G OCV1

 

シングルコアで297、マルチコアで1426

 

 

 

【新しく自作したパソコン】

CPU:Core i5 10400F
メモリ:AD4U320038G22-D
マザーボード:ASUS Prime Z490-P
SSD: Samsung MZ-7PC128D/IT
グラフィックボード:ギガバイト GV-N1656OC-4GD R2.0

※こちらはメモリを2933にオーバークロックしています

 

シングルコアで450、マルチコアで3199です。

 

 

 

やはり第3世代のi7と第10世代のi5では、かなり性能が違いますね。

 

i7 3770ですがネットを使うだけなら変わらないかもですが。

 

でもセキュリティソフトのせいなのか、一番はWindowsのアップデートのせいだと思いますが重くなってきてますね。

 

Windowsアップデートの度に重くなっていきます。

 

低予算で作りましたが、安く買えるi5 10400Fでも、かなりの性能アップなので新しく自作してよかったですね。

 

 

 

これから買われるのであれば第10世代のCPU・対応マザーボードより、第11世代のCPUと第11世代対応のマザーボードとかを買われたほうがいいと思います。

 

 

このFがついてるモデルですがグラフィックボードがないと映像が出ませんので注意が必要ですね。

 

このCPUのほうがいいと思います↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!